5文型

前置詞 for を使うタイプはこれだ!第4文型 SVOO をつくる授与動詞-その6 【buy, find, leave, spare】

「第4文型 SVOO をつくる動詞-その6」  として、前置詞 [for] を使うタイプの動詞を紹介します。

この第4文型 SVOOで使われる動詞は「授与動詞」と呼ばれ、「に〜を渡す、伝える」という意味を持っている文型です。

SVOOのOOは目的語が2つ続く文型で、それは多くの場合「人、もの(事)」の順番になります。人以外が最初の目的語になる場合もあります。

しかしこの順番が「もの(事)、人」の形に順序が入れ替わると、第3文型のSVOに変化し、後ろに下がった名詞、代名詞の前には必ず前置詞の to, for あるいは of が置かれて、前置詞句の副詞に変化します。


前置詞の[to]は動作や行為の「到達点」であり、動作や行為による利益、恩恵といったものが to が向かう人に到達している、届いていることを示しています。

しかし、 [for] は方向を示しているだけの前置詞であり、そこへの到達を意味しません。

したがって for を要求するタイプの「授与動詞」はその「人」にそれが届いたのか、あるいは受け取ったかを明示していません。
この点が to を要求する「授与動詞」との違いです。

前回に続いて、前置詞 for を要求する代表的な「授与動詞」を取り上げます。


今回は以下の4つです。


buy(買ってあげる)
find(見つけてあげる)
leave(残しておく)
spare(お金や時間を割く)


それでは例文を見てみましょう。

buy(買ってあげる)

My father bought me a new computer as a gift for entering school.
「入学祝いに父が新しいパソコンを買ってくれました。」

He bought a brand new car for his daughter.

「彼は娘に新車を買ってあげた。」


find(見つけてあげる)

Could you find me a competent assistant?
「僕に有能なアシスタントを見つけてくれないかな?」

I’ll find a beautiful dress for you.

「君に素敵なドレスを探してあげよう。」


leave(残しておく)

I’ve left you two assignments.
「君のために2つの課題を残しておいたよ。」

Leave some cake for the kids.

「子供たちのにケーキを残しておいて。」

※「~を残して死ぬ」という場合は前置詞 to をつかいます。


The politician left nothing to his sons.

「その政治家は息子たちに何も残さなかった。」


spare(お金や時間を割く)

Can you spare me an hour?
「1時間だけ時間をもらえないか?」

Would you spare one of those roses for me?
[そのバラを1本、私に譲ってくれませんか?]

 


今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
品詞・句・節

これを知ることが英語学習の一番の近道だ!【 名詞、代名詞、動詞、助動詞、形容詞、副詞、前置詞、接続詞、間投詞 8つの品詞と句、節 】自信がないならここでしっかり覚えろ!ハッキリ言ってこの役割が判らないと英語は理解できないぞ!

英語に再挑戦
英文法を学習する上で品詞について理解することはとても大事です。 英語における品詞の役割を理解していないと英語は理解できないといってもい …
品詞・句・節

これを知らずに英語の勉強を続けても無駄だ!【句と節、品詞、文の要素】この関係性を理解すれば英語の成績がどんどん伸びるのに多くの人がこれを適当にやり過ごして頭に叩き込んでいない。本当に残念なことだ!

英語に再挑戦
英語の成績が伸び悩んでいる人が意外と知らないこと。 受験勉強でも、資格試験でも、自己啓発でも英語学習を始めて一生懸命頑張っていたら成績 …