5文型

受験生なら必ず覚えろ!第4文型 SVOO をつくる授与動詞-その2  前置詞 to を使うタイプ  【allow, promise, pass, pay】

今回は「第4文型 SVOO をつくる動詞-その2」  として、前置詞 [to] を使うタイプの動詞を紹介します。

この第4文型 SVOOで使われる動詞は「授与動詞」と呼ばれ「に〜を渡す、伝える」という意味を持っている文型です。


SVOOのOOは目的語が2つ続く文型で、それは多くの場合「人、もの(事)」の順番になります。人以外が最初の目的語になる場合もあります。

しかしこの順番が「もの(事)、人」の形に順序が入れ替わると、第3文型のSVOに変化し、後ろに下がった名詞、代名詞の前には必ず前置詞の to, for あるいは of が置かれて、前置詞句の副詞に変化します。


今回は前回に続き前置詞 [to] を要求する動詞を4つ取り上げます。

この[to]は動作や行為の「到達点」であり、これを欠くと文の意味が成り立たなくなるので省略できません。



allow(~するにまかせる、許す)
promise(~すると約束する)
pass(テーブルで物を渡す、回す)
pay(人に~を支払う)


それでは例文を見てみましょう。

allow(~するにまかせる、許す)

She allows her son playing video games for an hour a day.
「息子が1日1時間テレビゲームをするのを許している。」

The mother, who is a major shareholder, allows monthly pocket money of one million yen to her son.
「大株主である母親は、息子に毎月100万円のお小遣いをあげている。」

[allow oneself] で「〜にふける」という表現もあります。


He doesn’t allow himself alcoholic drink.
「彼は酒を飲まない事にしている。」

promise(~すると約束する)

We promised each other to reunite at Yasukuni shrine on our sortie.
「出撃の際に我々は靖国神社で再会することを互いに約束した。」
※この[to reunite]は目的語。

I promised that the report should be done by tomorrow to the professor.

私は明日までにレポートを完成させることを教授に約束しました。」

pass(テーブルで物を渡す、回す)

Pass me the potato salad.
「僕にポテトサラダを回して。」

Will you pass the pepper to
me?
「コショウを回してちょうだい?」

pay(人に~を支払う)

I will pay you the contract money by bank transfer next week.
「来週、あなたに銀行振込で契約金を支払います。」

The management pay regular bonuses to all employees.
「経営陣は全社員に定期的にボーナスを支給している。」


今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
品詞・句・節

これを知ることが英語学習の一番の近道だ!【 名詞、代名詞、動詞、助動詞、形容詞、副詞、前置詞、接続詞、間投詞 8つの品詞と句、節 】自信がないならここでしっかり覚えろ!ハッキリ言ってこの役割が判らないと英語は理解できないぞ!

英語に再挑戦
英文法を学習する上で品詞について理解することはとても大事です。 英語における品詞の役割を理解していないと英語は理解できないといってもい …