前置詞

知ってるつもりでも、later, after の使い方が間違っていないか? 【~の後、〜時間後】は何という? in, later, after, from now を正しく使い分けろ!

「今から〜時間後に」「その事件の1週間後」「会議の後」「僕の仕事の終わった後で」など、「〜の後」という表現には色々あります。

英文を読んで理解するのは簡単ですが、実際に英文を組み立てる時、どのような場合にどの言葉を使うべきなのか、改めて訊かれるとしっかり答えられないことが多いのではないでしょうか。

今回はその中でもよく目にする[ in, later, after, from now ]についてその用法、使い方のルールを紹介します。

1. [in]

・現在を起点に「今から〜分後、〜時間後、〜日後」といった表現をする場合はこれ一択です。実際の場面では一番多く使われる前置詞でしょう。

・前置詞ですから、後ろには必ず時間を表す名詞、名詞句が置かれます。出来事やイベントを表す名詞は置けません。

2.[later]

・現在を起点にした「今から〜分後、〜時間後、〜日後」といった表現には使われません。
過去に起きたこと、あるいは未来に起きることを起点として「そこから〜分後、〜時間後、〜日後」という表現に用いられます。

・in とは逆に必ず later の直前に時間を表す名詞、名詞句が置かれます。

3.[after]

・later 同様、現在を起点にした「今から〜分後、〜時間後、〜日後」といった表現には使われません。

・after の後ろには出来事、イベントを表す名詞が置かれることが多い。

・in と異なり、接続詞の役割もあるので、後ろに文を持ってきて副詞節を形成することもできます。

4.[from now]

・「今」を特に強調したい場合に使います。
・今から〜分後、〜時間後といった時間を表す言葉を前に置いて副詞句を形成します。

それでは例文を見てみましょう。

1. [in]

The fever will be gone and he will be fine in five days.
「5日もすれば熱も下がり、元気になりますよ。」
※今を起点にした推測

Everyone will have forgotten about all this in a few months.
「数ヶ月後にはみんなこのことを忘れていることでしょう。」

※ in は within と同じように「~の内で」という意味を表すこともありますが、「~の後」か「~の内」なのかは文脈で容易に判断可能です。


He hasn’t seen his father in years.

「彼はもう何年も父親に会っていない。」

This is the strongest typhoon in ten years.

「これはこの10年で最強の台風だ。」

2.[later]

The seed sprouted three days later.
「種をまいてから3日後に芽が出た。」

The United States gained its independence seven years later.
「アメリカ合衆国は7年後に独立を果たしました。」

3.[after]

The paint will be completely dry one week after the work.
「作業後1週間で塗装は完全に乾きます。」

Take this medicine 30 minutes after meal.
「食後30分経ってからこの薬を飲んで下さい。」

He went to school for the first time a month after the new semester started.

「彼は新学期が始まって1ヶ月後に初めて学校に行った。」
※この after は接続詞

4.[from now]

Ten years from now, no one will be living in this house.
「今から10年後、この家には誰も住んでいないだろう。」

10 minutes from now, we will begin shelling the enemy’s main position.

「今から10分後、敵の主陣地への砲撃を開始する。」


今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

何となくわかった気になるな!この因果関係を明確にしろ!【because of, on account of, thanks to, due to, owing to, from, of, over, through, with】「~のために」「~のせいで」といった原因や理由の表現、前置詞のニュアンスはこう理解しろ!

英語に再挑戦
「~の原因、理由で」「~のために」「~のせいで」を表す句、前置詞についてまとめてみました。 それぞれの後ろには基本的に名詞がきますので …
前置詞

入試に必ず出てくるぞ!【 apply, attend, impatient, known, engage, true, care, correspond, oneself, inquire】 前後の前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!これは知識と運用力を問われるぞ!しっかり読んで頭に叩き込むんだ!

英語に再挑戦
今回は前回に引き続き、「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語」の2回目 …
前置詞

【 as 】がわからなければ長文は読めない!イコール「=」のイメージを頭に叩き込むんだ!【as】の意味ならこれだけ覚えれば大丈夫だ!しょっちゅう出てくるこの単語の訳し方は反射的に体で覚えろ!

英語に再挑戦
英語の文章を読んでいると本当によく出てきます。この”as"という単語。非常に短い言葉ですが、実は英語をクリアに理解する上で非常に大事なもので …
前置詞

これは入試で頻出だからしっかり覚えろ!【 day, dwell, way, look, result, make, succeed, wait, stand, drop 】 前後に置かれた前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!高得点を取りたかったらこれを完璧に覚えろ!

英語に再挑戦
今回はこれまで連続してお話ししてきた「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な …
前置詞

入試に出るから絶対覚えろ!【 agree, anxious, ask, familiar, tired, call, compare, consist, deal, air 】 前後に置かれた前置詞ですっかり意味が変わってしまう紛らわしい単語の代表格だ!こういった単語は前置詞とセットで覚えないと使えないんだ!しっかり読んで頭に叩き込め!

英語に再挑戦
一見すると似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語について。 TOEIC …
副詞

これは大学受験に出る「比較表現」の定番問題だ!だから必ず覚えろ! 比較級、最上級を強調する【much, far, even, still, a lot, by far 】「断然~だ。」という表現はこれだけ知ってればOKだ!

英語に再挑戦
比較級や最上級を強調する「ずっと~」「断然~」「ずば抜けて~」といった表現もよくTOEICや英検の問題に出されますので確認しておきたいところ …
副詞

注意しろ!これは名詞じゃないぞ!【 downtown, uptown, next door, indoors, outdoors, upstairs, downstairs, abroad, overseas 】つい名詞と思ってしまいがちな副詞だ!作文の時に注意しろ!前置詞は不要だ!

英語に再挑戦
英文を理解していく上で、ある単語がどの品詞であるかを判別することはとても大事なことです。 今回はそんな単語の中でもつい名詞だと勘違いし …
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
前置詞

これは試験に絶対出るぞ!【 marry, discuss, mention, enter, reach, resemble, answer, contact, attend 】これがつい後ろに前置詞をつけたくなってしまう代表的な他動詞11選だ!本当によく間違えるからしっかり覚えておけ!入試でこれを間違えたら本当に痛いぞ!他動詞の直後に前置詞は来ないんだよ!

英語に再挑戦
今回は、「日本語訳だけ見ると、後ろに前置詞+名詞の形が来てしまいそうな動詞」について。 以下の動詞は基本的に他動詞なので、直後には名詞 …