前置詞

これは入試に絶対出る!【 say, speak, talk, tell 】この基本的な4つの「話す」動詞。知ってるつもりでも実はほとんどの人が作文で正しく使えないんだ!ここで使い方をしっかり覚えろ!

よく知っている単語でも、その意味や使い方を改めて訊かれると意外によくわからないことが多いものです。

今回はその代表の一つ、「話す」という単語についてです。

一般的に「話す」の意味で使われる、だれでもよく知っている代表的な4つの動詞の具体的な意味は以下のようなものです。

しかしその用法は意外にも英語学習者にしっかり定着していません。今回はそのおさらいと確認です。


1.say 話すことの内容を表す。

2.speak 「話」すという行為。

3.talk 会話すること。

4.tell 情報を教える、伝えるということ。

 

以下、例文と合わせてご覧下さい。

1.say 話すことの内容を表す。

・「~と述べる、言う、~と書いてある」の意味です。

・人を目的語にとらない。目的語になるのは話す、伝えるその「内容」です。

・say to+人+that節の形になります。つまりSVMO。

・「~語(外国語)を話す」という表現では使われません。

・「~のことを話す、伝える」という内容に該当する目的語が必ずあります。

・その発言内容は about + 事、of +事という副詞句の形をとりません。あくまで目的語(名詞、句、節)です。


You seem to have said to her something you shouldn’t.

「君は彼女に言ってはならないことを言ってしまったようだ。」

The letter from his boss says that our son is doing well.
「上司からの手紙には、息子は元気にやっていると書かれている。」


2.speak 「話す」という行為。

・基本的に自動詞なので目的語をとりません。「人」も「話す内容」も目的語になりません。

・この speak のみ「~語(外国語)を話す」という表現で使われます。
この用法だけが他動詞。話される「外国語」が目的語です。この時だけSVO。

・「誰々に対して話す」は speak with + 人、speak to + 人 という副詞句の形をとります。

・「~の事を話す」は speak about + 事、speak of + 事という副詞句の形をとります。


Do they speak Portuguese in Brazil? 

「ブラジルではポルトガル語を話しますか?」

※~語を話すの意味。「ポルトガル語で話す」場合は in Portuguese です。


The prime minister spoke to reporters about new economic measures.

「首相は記者たちに新しい経済対策について話した。」


3.talk 会話すること。

・人を目的語にとりません。基本的に自動詞なので目的語はありません。

・「~語(外国語)を話す」という表現ではほとんど使われません。

・「誰々と話す」は talk with + 人、talk to + 人 という副詞句の形をとります。

・「~について話す」は talk about ~、talk of ~という副詞句の形をとります。

・talk +人 + into + Ving「説得して~させる」やtalk + 人 + out of + Ving「説得して~しないようにさせる」といった特定の表現の時だけSVOの形をとります。


I talked with my parents about my future.

「私は両親と自分の将来について話し合った。」

The son talked his father into seeing a doctor. 
「息子は父を説得してなんとか医者に診てもらった。」

The guide talked the climbers out of setting off in bad weather.
「そのガイドは登山者を説得して悪天候の中での出発を断念させた。」


4.tell 情報を教える、伝えるという行為。

・この tell だけが人を目的語にとります。他動詞なので必ず目的語があります。

・「~語(外国語)を話す」という表現では使われません。

・「誰々に話す」は tell + 人と表す。tell with + 人や tell to + 人 の副詞句の表現はありません。

・「誰々に~について話す」はSVOMや SVOOもしくはSVOCの形をとります。つまりtell + 人 + about(of) 情報、tell + 人 + 情報、tell + 人 + that節、tell + 人 + to doのいずれかです。

・目的語に「人」が無く、 tell + that節、wh-句、wh-節の場合は「~だと知る、わかる」の意味になり、情報を伝える意味での tell とは異なる訳になります。


Please tell me your email address. 

「あなたのメールアドレスを教えてください。」

The teacher told the students about his school days.
「その先生は生徒たちに自分の学生時代の話をした。」

Who can tell what will become of the little brothers?
「その幼い兄弟がどうなるかだれにわかるだろうか?」

 

今回は5文型、句、節、品詞といった文法用語が沢山出来ました。
それぞれについては過去の以下の記事も合わせてご参照ください。


今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

これは試験に絶対出るぞ!【 marry, discuss, mention, enter, reach, resemble, answer, contact, attend 】これがつい後ろに前置詞をつけたくなってしまう代表的な他動詞11選だ!本当によく間違えるからしっかり覚えておけ!入試でこれを間違えたら本当に痛いぞ!他動詞の直後に前置詞は来ないんだよ!

英語に再挑戦
今回は、「日本語訳だけ見ると、後ろに前置詞+名詞の形が来てしまいそうな動詞」について。 以下の動詞は基本的に他動詞なので、直後には名詞 …
動詞

この使い分けは入試に出るぞ!【 let, permit, allow, forgive, excuse, admit 】は「許す、認める、許可する」の意味だけど、許す対象がそれぞれ違うぞ!一体何を「許す」のか?その使い分けを頭に叩き込め!

英語に再挑戦
今回はよく見かける馴染みの英単語。でもいざ使うとなると、「どれだっけ?」となる単語シリーズです。。 「許す、認める」動詞。基本的にどれ …
仮定法

君は知っていたか?【 suggest, insist 】は 「提案する」「要求する」の意味だけ覚えていてもダメなんだ!もう一つの意味「ほのめかす」「言い張る」も必ず覚えろ!「仮定法」と「直説法」で意味が使い分けられている動詞なんだ!

英語に再挑戦
suggest, insist については以前の記事でも取り上げましたが、今回はこの二つの動詞のもう一つの意味「暗示する、示唆する、ほのめか …
前置詞

入試に出るから絶対覚えろ!【 agree, anxious, ask, familiar, tired, call, compare, consist, deal, air 】 前後に置かれた前置詞ですっかり意味が変わってしまう紛らわしい単語の代表格だ!こういった単語は前置詞とセットで覚えないと使えないんだ!しっかり読んで頭に叩き込め!

英語に再挑戦
一見すると似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語について。 TOEIC …
前置詞

【 as 】がわからなければ長文は読めない!イコール「=」のイメージを頭に叩き込むんだ!【as】の意味ならこれだけ覚えれば大丈夫だ!しょっちゅう出てくるこの単語の訳し方は反射的に体で覚えろ!

英語に再挑戦
英語の文章を読んでいると本当によく出てきます。この”as"という単語。非常に短い言葉ですが、実は英語をクリアに理解する上で非常に大事なもので …
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …