前置詞

in, at, on, by  「時」を表す前置詞


in, at, on, by  「時」を表す前置詞。


前置詞は英文の中で名詞とセットになって副詞句、形容詞句をつくります。

その数は他の品詞に比べると非常に少ない。
全体で100語ほどらしいですが、
普段使いの前置詞は20語ほど知っていれば十分です。

ただ、前置詞はその使い勝手が非常に難しい。

名詞にどの前置詞を使えばいいのか?
あるいはこの自動詞の後ろにはどの前置詞を置けばいいのか?

前置詞によって意味が全く違ってしまう動詞も沢山あります。
その判断が難しい。

このため、適切な前置詞の使用ができているかが英語力を測る上でも便利なので試験でよく出題されます。

適切な状況に適切な前置詞。

これをマスターするのは非常に難しいことですが、頻度の高いものをまとめてみました。


今回は「時」を表す前置詞です。



1.時点、日、月、季節、年を表す前置詞

2.期間を表す前置詞

3.時間の経過を表す前置詞

4.その他の時間関連の前置詞


以下、例文と合わせてご覧下さい。

1.時点、日、月、季節、年を表す前置詞


at

※時点を表す。

※結構長い時間を表す場合もある。

The university lecture begins at 8:45.
「その大学の講義は8:45から始まる。」

Every year at Christmas, this area also becomes covered with snow.
「毎年クリスマスの頃にはこの辺も雪に覆われます。」

The repair work on this road is done at night.

「この道路の補修作業は夜間に行われます。」


on

※日、曜日、日付、特定の日

※morning などは普通 in を使うが「ある特定の日の朝」の場合は on を使ったりする。ただし厳密なルールではない。

Our store has special sales on the third Tuesday of every month.
「うちの店は毎月第三火曜日が特売日です。」


in

※月、季節、年、年代といった長い時間に用いる。

Japanese university entrance exams begin intensively in January.
「日本の大学受験は1月から本格的に始まる。」

It was in the Meiji era that Japan enacted its Constitution.

「日本が憲法を制定したのは明治時代です。」


2.期間を表す前置詞


in, within

※in は所要時間を表す。多少の前後はOK

※within は期限を表す。超過することは不可。

This product will be completed on the factory production line in 6 hours.
「この商品でしたらは6時間で工場の生産ラインで完成します。」

Freshness is important for this vegetable, so I would like it to be delivered to Tokyo within 8 hours.

「この野菜は鮮度が重要だから8時間以内に東京に届けてもらいたい。」


in, for

※「期間」を表す時は普通 for を使う。

※期間内に何かがあったとか、なかったということを強調する表現では in を使う。

形容詞の最上級や no, only, first, last などと一緒に使う。

The high school has not admitted girls for 100 years.
「その高校は100年間、女子の入学を認めてこなかった。」

Come to think of it, I haven’t talked to women in the last three months.

「そういえば、この3ヶ月間、女性と話していません。」


for

※数詞、some, few などを伴って期間の長さを表す。

Leave it for 3 hours until this paint dries.
「この塗料が乾くまで3時間放置して下さい。」


during

※特定の期間を表す。

This pool is only available during the summer vacations.
「このプールは夏休みの間だけ利用可能です。」


through

※期間全体を通じて。

30% discount on all items through the sales period.
「セールス期間中、全商品を30%割引。」


from~through…

※「~から…までずっと」

I worked continuously from Monday through Sunday this week.
「今週は月曜から日曜まで連続して仕事をしました。」


3.時間の経過を表す前置詞


in, after

※in は「今から~したら」現在を起点にした時間の経過。

※after 「~後に」過去を起点にした時間の経過。

The train that had stopped due to the typhoon will resume operation in an hour.
「台風の影響で止まっていた電車は、1時間後には運転を再開するようだ。」

I haven’t been exercising for a week after I got sick.

「体調を崩してからの後の1週間ずっと運動をしていない。」


4.その他の時間関連の前置詞


by, until

※by は「~までに」の期限。

※until は「~までずっと」の継続を表す。

Your report is due in my lab mailbox by 5:00 p.m. this Friday.
「レポートは今週金曜日の午後5時までに私の研究室のメールボックスに入れてください。」

The professor was kind enough to mentor me for the entire two years until I graduated.

「その教授は私が卒業するまでの2年間ずっと親身に指導してくれた。」


behind, ahead

※behind は「遅れて」

※ahead は「早く」

Are the documents not ready yet? It’s an hour behind schedule.
「資料はまだか?予定より1時間遅れているぞ。」

He is a cautious man, so he always arrives at the meeting place 30 minutes ahead than planned.

「慎重派の彼は、いつも予定より30分早く待ち合わせ場所に到着します。」


past, to

※past は「~分過ぎ」

※to は「~分前」

I looked at my watch and saw that it was ten minutes past six.
「時計を見たら6時を10分すぎていた。」

It is exactly ten minutes to five o’clock.
「5時まであと10分です。」


これで時間を表す前置詞については十分に自信をもって臨めるはずです。

 

今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。


関連記事