前置詞

“as”の意味。英文に頻繁に出てくるこの言葉の役割と訳し方についてお話します。

英語の文章を読んでいると本当によく出てきます。この”as”という単語。非常に短い言葉ですが、実は英語をクリアに理解する上で非常に大事なものです。今回はこのasのポイントを押さえていきましよう。
もうこれから英文でasに出会っても大丈夫です。自信をもってasに向き合いましょう。

asの品詞として次の3つの役割を果たしています。前置詞、副詞、接続詞。このうち接続詞としてのasが英文中で非常に重要な仕事をしています。

関係代名詞としてのasもありますが、3つの品詞での意味を理解していれば特に関係代名詞のことを特に考える必要はありません。英語学者や言語学者として英語を勉強しているわけではありませんから。

大学受験生であればasは重要項目です。前置詞のas、副詞のas、接続詞のasの意味をしっかり理解しておきましょう。

まず、以下の意味を暗記してすぐ口に出せるようにしておきましょう。

1.前置詞のas(後ろに来るのは名詞です。)
・~として
・~の時

2.副詞のas(後ろに来るのは形容詞か副詞です。)

・~と同じくらい

3.接続詞のas(後ろに来るのは節です。)

・~する時(時)
・~しながら(付帯状況)
・~なので、~だから(理由)
・~のように(様態)
・~するにつれて(比例)
・~に比べて(比較)

※上の訳からわかるようにasの基本的な意味は「同じ」ということです。asを見たら「=」の記号を思い浮かべると分かりやすいです。

品詞や節については前記事の「品詞」と「句」、「節」の話。英文法の大事な基本ですから確認しておきましょう。をご参照ください。

では例文を見ていきましょう。
1.前置詞のas(後ろに来るのは名詞です。)

He did his duty as a Ninja.
「彼は忍者としての仕事を果たした。」

You can use this sofa as a bed.
「このソファはベッドとしても使えます。」

He showed me a picture of his father as a naval officer.
「彼は海軍士官だった時の父親の写真を私に見せた。」

As a child,  Yousuke lived in a small hut.
「子供の時、洋助は小さな小屋に住んでいた。」

2.副詞のas(後ろに来るのは形容詞か副詞です。)

Youjiro has practiced as hard as Sasuke.
「洋次郎は佐助と同じくらい懸命に稽古に励んできた。」

Sachiko is as tall as his brother.

「幸子は兄と同じくらい背が高い。」

※この”as~as”は中学校で原級を用いた同等比較表現と習いますが、前のasが前置詞のas。後ろのasが接続詞のasです。as Youjiro has practiced.” あるいは”as his brother is tall.”のアンダーライン部分が省略されているわけです。

3.接続詞のas(後ろに来るのは節です。)

Just as he was going out, there was a phone call from her.
「彼が出かけようとした時、彼女から電話がかかって来た。」

Teruo was weeping as he listening to the Tetsunosuke’s story.
「輝夫は鉄之助の話を聴きながら泣いていた。」


As
 you are in charge of the matter, You should take the responsibility.

「キミがその件の担当者なのだから、責任を取るべきだ。」

Do it as I show you!
「私がするのと同じようにするのじゃ!」

As Kanako went up, the mountain air grew colder.
「加奈子が登っていくにつれてその山の空気は冷たくなっていった。」

Human is not so powerful as demons.
「人間は鬼ほど強力ではないのじゃ。」

※これも前述と同様に”as demons are powerful”のアンダーライン部分が省略されているわけです。

英語においては接続詞の”as”を見極めることが最重要です。6つの意味をしっかり身に着けておきましょう。

今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

一億人の英文法 すべての日本人に贈るー「話すため」の英文法 (東進ブックス) [ 大西泰斗 ]

関連記事