前置詞

受験生がこれを知らないようじゃ全然ダメだ!【anything but と nothing but】の使い方。似ているようで正反対の意味だぞ!


anything but と nothing but どちらも英文に頻繁に登場します。

でも、意味が取りにくい表現です。

この場合の but は後ろに名詞が来るので前置詞です。
「〜を除いて」という意味で使われています。

anything の any は冠詞の a, an や数詞の one 同様に元々は「1」を表す言葉。
1つ、あるいは複数にかかわらず、「何か1つでも」の意味を持ちます。


anything but A は 直訳すれば「Aを除いた何か」「A以外の何か」という否定表現となり「決してAではない」という意味で用いられます。


nothing は言葉どおり「何もない」なので、nothing but B であれば直訳すると「Bを除いた何ものでもない」つまり「Bしかない、Bにほかならない」という意味で使われます。


but は後ろに来る言葉、表現を強調する目的
で使われることがほとんどです。


anything but A: 決してAではない
nothing but B: Bしかない、Bにほかならない

以下、例文です。

anything but A: 決してAではない

He is anything but a liar.
「彼は決して嘘つきなんかじゃない。」

My mother can’t speak anything but Japanese.

「私の母は日本語しか話せない。」

This estimated figure is anything but what we have expected.
「この見積額は、私たちが予想したものとはかけ離れています。」


nothing but B: Bしかない、Bにほかならない

He is nothing but a scholar.
「彼は学者にすぎない。」

There are nothing but mountains as far as we can see in Hida.

「飛騨路は何処も山の中である。」

It was nothing but his delusion.

「それは、彼の妄想に他ならない。」


今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

入試に必ず出てくるぞ!【 apply, attend, impatient, known, engage, true, care, correspond, oneself, inquire】 前後の前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!これは知識と運用力を問われるぞ!しっかり読んで頭に叩き込むんだ!

英語に再挑戦
今回は前回に引き続き、「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語」の2回目 …
前置詞

何となくわかった気になるな!この因果関係を明確にしろ!【because of, on account of, thanks to, due to, owing to, from, of, over, through, with】「~のために」「~のせいで」といった原因や理由の表現、前置詞のニュアンスはこう理解しろ!

英語に再挑戦
「~の原因、理由で」「~のために」「~のせいで」を表す句、前置詞についてまとめてみました。 それぞれの後ろには基本的に名詞がきますので …
前置詞

これは入試に絶対出る!【 say, speak, talk, tell 】この基本的な4つの「話す」動詞。知ってるつもりでも実はほとんどの人が作文で正しく使えないんだ!ここで使い方をしっかり覚えろ!

英語に再挑戦
よく知っている単語でも、その意味や使い方を改めて訊かれると意外によくわからないことが多いものです。 今回はその代表の一つ、「話す」とい …
単語・イディオム

これは入試に頻出だ!【 needless to say, to say nothing of, not to speak of, let alone, not to mention, It goes without saying 】「~は言うまでもない」という表現はこれだけを頭に叩き込め!

英語に再挑戦
英語の勉強というのは決して暗記科目ではないと思っていますが、ところどころに実際そのまま暗記してしまった方がよろしい単元もあります。 今回は …