仮定法

実はこれも「仮定法」だ!【I wonder if, couldn’t be better, would rather, couldn’t care less】これを使いこなして表現の幅を広げろ!「仮定法を用いた慣用表現」(その2)

仮定法表現の慣用表現について2回目です。

仮定法を使うと英語表現が豊かなものになります。

英会話の教材などにも仮定法表現が沢山出てきます。

丁寧な依頼表現や、いきいきした感情表現によく使われています。

仮定法表現を使うとこの人「なかなか英語ができるな。」という印象を与えます。

今回取り上げるのは以下のようなものです。


1.Would you mind if + S + 仮定法過去「~してもよろしいですか?」

2.I wonder if + S + 仮定法過去「~してくださいませんか?」

3.I would rather + S + 仮定法過去「むしろ~してほしい」

4.I would rather + S + 仮定法過去完了「~してほしかった」

5.Couldn’t be better 「最高だよ。絶好調だよ。」

6.Couldn’t have been better 「最高だったよ。」

7.Couldn’t care less「全然気にしませんよ。」

8.Couldn’t agree with you more「大賛成です。」



以下、例文と合わせてご覧ください。


1.Would you mind if + S + 仮定法過去「~してもよろしいですか?」

Would you mind if I used your bathroom?
「トイレをお借りしてもよろしいですか?」


2.I wonder if + S + 仮定法過去「~してくださいませんか?」

I wonder if you would make a speech at the beginning of the conference.
「会議の冒頭でスピーチをしていただけないでしょうか?」


3.I would rather + S + 仮定法過去「むしろ~してほしい。」


※ ratherの後に接続詞の that がきますが、ほとんどの場合省略されています。

I would rather you could stay on the ground and coach the players.
「あなたにはむしろ現場に残って現役選手のコーチをしていただきたい。」


4.I would rather + S + 仮定法過去完了「~してほしかった。」

I would rather you had stayed in the company and dealt with the enquiries.
「君にはむしろ社内に留まって問い合わせに対応してほしかったですね。」


5.Couldn’t be better 「最高だよ。絶好調だよ。」


※「これ以上良くならない。」という意味

“How’s your batting, Nakahata?”
“I couldn’t be better.”
「中畑君、バッティングの調子はどうだい?」
「絶好調ですよ。」


6.Couldn’t have been better 「最高だったよ。」

“How was that band’s live performance?”
“It couldn’t have been better”
「あのバンドのライブはどうだった?」
「これ以上ないほど良かったよ。」


7.Couldn’t care less「全然気にしませんよ。」

“Tanaka-kun,  you have to stay in the same room at the hotel with Director Sato, is that okay? ”
“I couldn’t care less.”
「田中君、君は佐藤部長とホテルで同室だけど大丈夫?」
「全然平気ですよ。」


8.Couldn’t agree with you more「大賛成です。」

“I would like to propose this bill for discussion in the next committee.”
“I couldn’t agree with you more.”
「この法案の審議を今度の委員会に提案したいんだが。」
「大賛成ですよ。」


今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

何となくわかった気になるな!この因果関係を明確にしろ!【because of, on account of, thanks to, due to, owing to, from, of, over, through, with】「~のために」「~のせいで」といった原因や理由の表現、前置詞のニュアンスはこう理解しろ!

英語に再挑戦
「~の原因、理由で」「~のために」「~のせいで」を表す句、前置詞についてまとめてみました。 それぞれの後ろには基本的に名詞がきますので …
否定表現

入試に出るからしっかり確認しておけ!これが not や no がない否定表現の代表だ!【 the last, anything but, far from, fail to, be yet to, remain to, free from, let alone, the last, in vain, beyond, only to fail, know better than to, be above doing, more than 】これだけ覚えればもう完璧だぞ!

英語に再挑戦
今回は”not”や”no”といった否定語が無く、一見肯定文のようで実は否定を意味する表現の代表的なものを集めてみました。 以下の1 …
助動詞

どっちも「気持ち」を表すが【 can と may 】は似ているようで似ていない全く違う助動詞だ!実はほとんどの人が判っていないそのニュアンスの違いを頭に叩き込んで使い分けろ!キーワードは「客観性」と「主観性」だ!

英語に再挑戦
can と may は一般動詞に気持を被せる法助動詞の中でも気持の強さが同程度です。 大体50%ぐらい。可能性が半分半分といったところ …