前置詞

何となくわかった気になるな!この因果関係を明確にしろ!【because of, on account of, thanks to, due to, owing to, from, of, over, through, with】「~のために」「~のせいで」といった原因や理由の表現、前置詞のニュアンスはこう理解しろ!

「~の原因、理由で」「~のために」「~のせいで」を表す句、前置詞についてまとめてみました。

それぞれの後ろには基本的に名詞がきますので、文法的に難しいものではありません。

簡単に意味が理解できますし、ほとんどが馴染みの単語です。

それぞれが持つニュアンスの違いなどを含めて代表的なものを紹介いたします。


以下、例文と合わせてご覧下さい。


1.because of

※「~ために」因果関係を説明する。

I’ve got mold on my laundry because of the long rainy days.
「長雨でためておいた洗濯物にカビが生えてしまった。」

Land prices in this area tend to drop these days because of repeated flooding.

「このあたりは、度重なる洪水の影響で、最近は地価が下がる傾向にあります。」

2.on account of

※because of 同様「~ために」因果関係を説明する。

Hundreds of cars were stranded on the highway on account of the record-breaking snowfall.
「記録的な大雪のため、何百台もの車が高速道路上で立ち往生した。」

No one advises him on account of his repeated talking back.

「いつも口答えするので誰も彼に忠告しないようになった。」


3.due to


※「~のため」背景の説明

Her excellent leadership skills are due to her years of experience in the business.
「彼女の優れた指導力は長年にわたるこの業界での経験によるものだ。」

The area around Shin-Yokohama Station has seen a rapid increase in population due to rapid housing development.

「新横浜駅の周辺は急速な宅地開発で人口が急増した。」


4.thanks to

※文字通り「~のおかげ」

Thanks to your home run, we managed to win the game.
「君のホームランのおかげでなんとか試合に勝てたよ。」

※thanks to は悪い意味でも使われます。

“We lost the game thanks to your error.”
“You’re a total asshole to say such a thing.”
「お前がエラーしたせいで試合に負けちゃったじゃないか。」
「そんなことを言うお前こそ最低だ。」
※asshole はスラング。自分からは使わないようにしましょう。


5.owing to


※「~のために」

The company lost most of its profits for the current fiscal year owing to the court ruling.
「裁判の判決を被ってその会社は今期の利益の大半を失った。」

Nowadays,  Jobs in the area have been extremely scarce owing to Coronavirus.
「現在、コロナウイルスの影響で、この地域での仕事は非常に少なくなっています。」


6.from

※「~のため、~から、~で」直接的な原因

Setsuko grew weaker and weaker every day from malnutrition.
「節子は栄養失調で日に日に衰弱していった。」

My mother died from heart disease seven years ago.

「私の母は7年前に心臓病で亡くなった。」


7.of


※「~のため、~で」間接的な原因

I’m tired of working for this company.
「僕はもうこの会社で働くのに飽きちゃったんだよ。」

His father died of wounds received in the Battle of Mukden after being demobilized.
「彼の父は奉天会戦で受けた傷のため復員後に死亡した。」


※ from は直接的、of は間接的と書きましたが明確な区別はないようです。


8.over

※「~に関して、~のことで」
※喧嘩の原因や感情を表す動詞の後ろで用いられる。

The couple next door seem to be fighting a lot over the education of their children.
「隣の夫婦は、子供の教育をめぐってよく喧嘩をしているようです。」

When I came home, my son was crying over having toys taken away by sister.

「私が帰宅すると、息子は姉におもちゃを取り上げられて泣いていました。」


9.through

※「~のせいで、~のために」

Their argument had started through a completely trivial and ridiculous misunderstanding.
「二人の口論は、まったく些細で馬鹿げた勘違いから始まった。」

The young brothers rushed into the house through fear of the thunder nearby.

「幼い兄弟は、近くで鳴った雷鳴が怖くなり家に駆け込んだ。」


10. with

※「~のせいで、~で」

I’ve been lying down for the last two days with terrible back pain.
「私はここ二日間、ひどい腰痛でずっと横になっているんだよ。」

I’ve been taking medication all this season with hay fever.
「この季節は花粉症のせいでずっと薬を飲んでいる。」

 

今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

これは入試で頻出だからしっかり覚えろ!【 day, dwell, way, look, result, make, succeed, wait, stand, drop 】 前後に置かれた前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!高得点を取りたかったらこれを完璧に覚えろ!

英語に再挑戦
今回はこれまで連続してお話ししてきた「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な …
分詞

絶対覚えておくべき『分詞』の慣用表現がこれだ!【according, concerning, including, regarding, providing, provided, supposing, supposed, granting, granted, seeing 】 よく見かけるこの表現はしっかり叩き込め!

英語に再挑戦
今回は分詞から派生している接続詞と前置詞について取り上げます。 以下の分詞に関しては「分詞構文から派生している前置詞、接続詞である。」 …
前置詞

これは入試に絶対出る!【 say, speak, talk, tell 】この基本的な4つの「話す」動詞。知ってるつもりでも実はほとんどの人が作文で正しく使えないんだ!ここで使い方をしっかり覚えろ!

英語に再挑戦
よく知っている単語でも、その意味や使い方を改めて訊かれると意外によくわからないことが多いものです。 今回はその代表の一つ、「話す」とい …
前置詞

【 as 】がわからなければ長文は読めない!イコール「=」のイメージを頭に叩き込むんだ!【as】の意味ならこれだけ覚えれば大丈夫だ!しょっちゅう出てくるこの単語の訳し方は反射的に体で覚えろ!

英語に再挑戦
英語の文章を読んでいると本当によく出てきます。この”as"という単語。非常に短い言葉ですが、実は英語をクリアに理解する上で非常に大事なもので …
前置詞

入試に出るから絶対覚えろ!【 agree, anxious, ask, familiar, tired, call, compare, consist, deal, air 】 前後に置かれた前置詞ですっかり意味が変わってしまう紛らわしい単語の代表格だ!こういった単語は前置詞とセットで覚えないと使えないんだ!しっかり読んで頭に叩き込め!

英語に再挑戦
一見すると似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語について。 TOEIC …