前置詞

間違っている人が多いぞ!「~以上」「~以下」は【more than, less than】ではないぞ!【over, under】でもない?本当に間違いが多いこの表現はこれを読んで確認しろ!


英文中にもよく登場し、街の英語表記でもよく見かける「以上」「以下」という表現、よく読んでみると日本語訳を間違っていたり、外国人向けの英語が間違っているというのをよく見かけます。


たとえば、日本語で「50以上」「50以下」であれば50を含んでいるのはよくご存知のはずです。

また、「~未満」であればその数字を含まないことも当然承知しているはずです。

しかし、英語でこれを表現するとなると、無造作に[more than]や[less than]あるいはoverやunderを使っていることが非常に多いのですが、これは正確に言えば「以上」でも「以下」でもありません。

普段はあまり気にとめず使っていても「小学生以下は入場できません」とか「身長120cm未満のお子さんはお乗りになれません」などとその意味が厳密に適用される場合もあります。

あらためて、英語での「~以上」「~以下」「~を上回る」「~未満」の表現について確認したいと思います。



以下例文と合わせてご覧下さい。

1.「~以上」 

○○or more
○○or over
○○or above                       

※moreは数や量に、over, aboveは年齢や温度差、速度に使うことが多い。


You need the recommendation of two or more professors to get a job at the university.

「その大学に就職するには教授二人以上の推薦が必要だ。」

In Japan, the voting rights are given to those who are 18 years old or over.
「日本では18歳以上に選挙権が与えられている。」

This heater is not recommended for use in high altitudes 1000 meters or above.
「このヒーターは1000メートル以上の高地での使用を推奨していません。」


2.「~以下」 


○○or less
○○or under
○○or below                       

※lessは数や量に、under, belowは年齢や温度差、速度などに使うことが多い。


No fee is charged for exchanging quantities of 50 or less.

「数量50以下の両替には手数料が掛かりません。」

Admission is free for high school students or under.
「高校生以下の方は入場無料です。」

This car has poor fuel economy when driven at 60 km/h or below.
「この車は時速60キロ以下で走ると燃費が悪くなる。」


3.「~を超える、上回る」 

more than○○
exceed○○                      

※more thanは年齢制限、料金設定にexceedは入場制限などに使われることが多い。


Group discounts are available for groups of more than 29 people.
「29名を上回るグループには団体割引が適用されます。」

Admission will be restricted if the number of visitors in the facility exceeds 200.
「施設内の入館者が200人を越えた場合は入場制限が行われます。」


4.「~未満」 


less than○○
under○○
below○○                      

※less thanは数、量に、under, belowは年齢、温度、速度などに使われることが多い。


Our business will be in the red if sales are less than 1 million yen per day.
「売り上げが1日に100万円未満だと赤字になる。」

You must have the consent of a parent or guardian if you are under 20 years of age.
「20歳未満の方は保護者の同意が必要です。」

This adhesive freezes and cannot be used in environments where the temperature is below -5 degrees Celsius.
「この接着剤は凍結するので、-5℃未満の環境では使用できません。」


5.「~以内」 

within○○

※人や物の数、量にあまり使われない。主に時間や期間、距離などに使われる。

Interview results are notified by mail within one week.
「面接の結果は、1週間以内に郵送でお知らせします。」

Transportation expenses are not paid if the commuting distance is within 4 km round trip.
「通勤距離が往復4km以内の場合、交通費は支給されません。」



今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

これは試験に絶対出るぞ!【 marry, discuss, mention, enter, reach, resemble, answer, contact, attend 】これがつい後ろに前置詞をつけたくなってしまう代表的な他動詞11選だ!本当によく間違えるからしっかり覚えておけ!入試でこれを間違えたら本当に痛いぞ!他動詞の直後に前置詞は来ないんだよ!

英語に再挑戦
今回は、「日本語訳だけ見ると、後ろに前置詞+名詞の形が来てしまいそうな動詞」について。 以下の動詞は基本的に他動詞なので、直後には名詞 …
前置詞

入試に必ず出てくるぞ!【 apply, attend, impatient, known, engage, true, care, correspond, oneself, inquire】 前後の前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!これは知識と運用力を問われるぞ!しっかり読んで頭に叩き込むんだ!

英語に再挑戦
今回は前回に引き続き、「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語」の2回目 …
単語・イディオム

英単語はこれを覚えて効率的に頭に叩き込め!【uni-, mono-, bi-, twi-, du-, tri-, tetra-, quar-, pent-, quintet-, hexa-, sept-, hept-, oct-, nona-, deca-, dec-, cent-, mill-, multi-, poly- 】 英単語に使われる『数』を表す接頭辞 prefix がこれだ!ボキャブラリーを効率よく身につけるために絶対知っておくべきことだ!

英語に再挑戦
英単語は接頭辞 prefix、語根 root、接尾辞 suffix から構成されます。 以前の記事英単語の覚え方。効率的に覚えるための …
前置詞

これは入試で頻出だからしっかり覚えろ!【 day, dwell, way, look, result, make, succeed, wait, stand, drop 】 前後に置かれた前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!高得点を取りたかったらこれを完璧に覚えろ!

英語に再挑戦
今回はこれまで連続してお話ししてきた「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な …