副詞節

whatever, whoever, whichever 『複合関係代名詞』 英文の中での役割を知ることが大切。


複合関係代名詞とは関係代名詞に -ever をつけたものです。

whoever(whomever), whichever, whatever
の三つ。

先行詞と関係代名詞が一緒になっているので「複合関係代名詞」と呼びます。

関係代名詞との違いは関係代名詞が先行詞を修飾する形容詞節を作るのに対して複合関係代名詞は強調を意味する名詞節もしくは譲歩の意味を含んだ副詞節を作ることです。


関係代名詞の中でも what は他の関係代名詞と異なり、名詞節を作ります。これについては前記事の関係代名詞の What は特殊。他の関係代名詞との違いについて。をご参照ください。


複合関係代名詞は日常会話でもよく使われている表現です。英語表現を豊かにしてくれる実用的な文法単元です。


以下の6つが今回のポイントです。

1.whoever (whomever) の名詞節「~する人は誰でも」

2.whoever (whomever) の副詞節「誰が~しようとも」

3.whichever の名詞節「どれでも、どちらでも」

4.whichever の副詞節「どちらが~しようとも、どちらを~しようとも」

5.whatever の名詞節「~するものは何でも」

6.whatever の副詞節「どんなものが~しようと」


まず、

1.whoever (whomever) の名詞節「~する人は誰でも」


・主語か目的語になる強調の名詞節を作ります。

・後ろには関係代名詞と同じく主語か目的語を欠いた不完全文がきます。

・主語になっている場合は whoever を使います。

・目的語になっている場合は基本的に whomever を使いますが、これは少し固い表現であまり使われなくなっているようです。全部 whoever でもOKです。

・主語として使われる場合 whoever=anyone who に置き換えてもOKです。(より口語的)

Whoever leaves the home last should lock the door.
「誰でも家を最後に出る人はドアに施錠すること。」

=Anyone who leaves the home last should lock the door.

Whoever listens to the song will like it.
「その歌を聴く人は誰でも好きになる。」

We will employ whoever (whomever) the professor recommends.
「その教授が推薦してくれるなら誰でも採用しますよ。」

Give it to whoever wants it.
「ほしい人がいたら誰にあげてもいいのよ。」

Invite anyone whoever you like, to your birthday party.
「好きな人をお誕生会に招待していいのよ。」


2.whoever (whomever) の副詞節「誰が~しようとも」

・動詞を修飾する譲歩の副詞節を作ります。

・後ろには関係代名詞と同じく主語か目的語を欠いた不完全文がきます。

・whoever=no matter who に置き換えてもOKです。(より口語的)

Whoever is responsible, we should look for the best solution to this business recession.
「誰に責任があろうが、我々はこの景気後退に対する最善の解決策を探す必要がある。」

Whoever says that he likes me, I still can’t believe it.
「彼が私のこと好きだなんて誰が言っても私にはまだ信じられない。」

Whoever persuades him, He won’t change his mind.
「誰が説得しようと彼の気は変わらない。」

No matter who you ask,  you won’t be able to get the answer to the question.
「誰に訊いても、キミがその質問に対する答えを得ることはできない。」


3.whichever の名詞節「どれでも、どちらでも」

・主語か目的語になる強調の名詞節を作ります。

・後ろには関係代名詞と同じく主語か目的語を欠いた不完全文がきます。

・whichever=anything which に置き換えてもOKです。(より口語的)


Whichever of you finish first will receive a favorite ice cream.

「どっちでも一等賞の人が好きなアイスをもらえるよ。」

Which is my seat? ーYou can take whichever you like.
「私の席はどっち?」 ー「お好きな方をどうぞ。」


4.whichever の副詞節「どちらが~しようとも、どちらを~しようとも」

・動詞を修飾する譲歩の副詞節を作ります。

・後ろには関係代名詞と同じく主語か目的語を欠いた不完全文がきます。

・whichever=no matter which に置き換えてもOKです。(より口語的)


Whichever you choose, you will be surprised.
「どっちを選んでもきっとびっくりするよ。」

Whichever wins, It isn’t important for me.
「どっちが勝とうが俺には重要なことじゃない。」

No matter which you decide,  We’ll be back you up.
「どっちにするかキミが決めようと、俺たちはキミを支持する。」


5.whatever の名詞節「~するものは何でも」


・主語か目的語になる強調の名詞節を作ります。

・後ろには関係代名詞と同じく主語か目的語を欠いた不完全文がきます。

・whatever=anything that, whatsoever に置き換えてもOKです。


Whatever has a beginning also has an end.
 「始まりがあるものは何でも終わりがある。」

You will have to pay for whatever you break on purpose.
「あなたが故意に壊した物は弁償しなければならない。」


6.whatever の副詞節「どんなもの(こと)が~しようと」

・動詞を修飾する譲歩の副詞節を作ります。

・後ろには関係代名詞と同じく主語か目的語を欠いた不完全文がきます。

・whatever=no matter what に置き換えてもOKです。(より口語的)

 Whatever happens, I’ll go.
「何が起ころうと俺は行く。」

Whatever Dad may say, don’t worry too much about it.
「お父さんが何か言ってもあまり気にしないでね。」

Would you like coffee, tea, beer?ーwhatever.
「コーヒー、お茶、ビール、何がいいかしら?」「何でもいいですよ。」

No matter what they said to him, Joe wouldn’t change his mind.
「他人が彼に何を言おうと、ジョーは自分の考えを変えない。」

Whatever you do,  don’t talk about this to anyone.
「何があっても、このことは誰にも言うなよ。」

No problem whatsoever.
「全然、平気さ。」

 

今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。



関連記事