副詞節

“so that”の4つの用法について。 しっかり整理しておきましょう。

今回は so that です。 so that を使った文は頻繁に目にすると思いますが、曖昧に理解しているケースが多いようです。ここでしっかり整理しておきましょう。以下の4つだけ覚えておけば大丈夫です。

1.程度(~するほど)
2.目的(~するために)
3.様態(~するように~されて)
4.結果(そして~した)

1.程度(~するほど)
皆さんご存知の最初に習ったso that です。「あまりにも~なので~だ」といった内容でtoo~toV に置き換えられたりします。so の後ろには形容詞か副詞が来ます。 that はそれを修飾する副詞節を作る接続詞です。

The pill was so bitter that I couldn’t swallow it.
「その丸薬は苦すぎて私は飲み込めなかった。」

The math problem was so difficult that no one could solve it.
「その数学の問題は難しすぎて誰も解けなかった。」

2.目的(~するために)
so that はくっつけて使います。副詞の so は「そのように」とか「とても」と訳します。
that 節の中に必ず助動詞の will, can, may, should が使われるのが特徴です。この助動詞は訳す必要がありません。話し手の「気持ち」を被せているわけです。

I will give you some money so that you can buy something to drink.
「何か飲み物が買えるよう、君にお金を渡しておこう。」

Speak more slowly in your lecture so that the students will figure it out clearly.
「講義では生徒がはっきりわかるようゆっくり話なさい。」

3.様態(~するように~されて)
so that の間に過去分詞が置かれます。

The text book is so written that the children can understand it.
「その教科書は子供たちが理解できるように書かれている。」

This cheese is so cut that we will have it equally.
「このチーズは私たちが平等に食べられるように切られている。」

4.結果(そして~した、その結果)
so that の前に原則,カンマがあります。文が切れていますから、so that 以下の節をカンマ前の動詞にかけてはいけません。「そして」「それで」とそのまま訳し下げしましょう。口語表現では that が省略されることが多いです。逆に書き言葉では so が省略されていることが多い。つまり so that , that, so のいずれかの形で使われているということですね。

She prepared slowly, so that she was late for school again.
「彼女はゆっくり支度した。そしてまた学校に遅刻した。」

It was quite cold, so (that) a lot of students have caught cold.
「かなり寒かった。それで多くの学生が風をひいた。」

いかがでしょうか?長文で so that があったら、以上の4つのどれに当てはまるのか、意識して読んでみましょう。

 

今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

一億人の英文法 すべての日本人に贈るー「話すため」の英文法 (東進ブックス) [ 大西泰斗 ]

一億人の英文法問題集(大学入試対策編) すべての日本人に贈る「話すため」の英文法 (東進ブックス) [ 井上洋平 ]

関連記事