副詞

注意しろ!これは名詞じゃないぞ!【 downtown, uptown, next door, indoors, outdoors, upstairs, downstairs, abroad, overseas 】つい名詞と思ってしまいがちな副詞だ!作文の時に注意しろ!前置詞は不要だ!

英文を理解していく上で、ある単語がどの品詞であるかを判別することはとても大事なことです。

今回はそんな単語の中でもつい名詞だと勘違いしてしまいそうな副詞を取り上げます。

いずれも馴染みのある単語ですから、文中での品詞が分からなくても簡単に読み進めることができるので読解では普段あまり気にとめることはありません。

しかし作文の時などに前置詞と組み合わせて副詞句を作ってしまいがちになったりするので注意が必要です。


名詞だと勘違いしそうな副詞


1.downtown

2.uptown

3.next door

4.indoors

5.outdoors

6.upstairs

7.downstairs

8.abroad

9.overseas

 


以下、例文と合わせてご覧下さい。

1.downtown

※「都心部に、商業地区に」

※「下町で」という意味もあります。

※形容詞としても使われます。

My wife was born and brought up downtown.
「妻は下町で生まれ育った。」

Akihabara is located downtown, so transportation is very convenient.
「秋葉原は都心部にありますから交通の便は非常によろしい。」

People who live downtown and those who live in the suburbs have different attitudes toward time.
「市街地に住んでいる人と郊外に住んでいる人では、時間に対する考え方が違います。」


2.uptown

※「住宅街に」

※「山の手」という意味でも使われます。

※形容詞としても使われます。

If you go straight down this road, you will emerge uptown.
「この道路をまっすぐ行けば住宅街へ出ます。」

The school was built uptown.
「その学校は住宅街に建てられた。」


3.next door

※「隣に」

※形容詞としても使われます。

Keiko, a childhood friend in elementary school, had always lived next door.
「小学校時代の幼なじみである圭子は、ずっと隣の家に住んでいた。」


4.indoors

※「屋内に」

※indoor は形容詞

There was thunder and lightning, so we evacuated indoors.
「雷が鳴っていたので屋内に避難した。」


5.outdoors

※「屋外で、外で、野外で」

※outdoor は形容詞

The weather was good, so the party was held outdoors.
「天気が良かったのでパーティは屋外で催された。」


6.upstairs

※「階上へ、二階へ」

単数の upstair は名詞、形容詞として使われる

When his brother heard that his new desk had arrived, he ran upstairs.
「新しい机が届いたと聞いて、弟は二階へ駆け上がった。」


7.downstairs

※「階下へ」

単数の downstair は名詞、形容詞として使われる

Our meal is ready, so let’s go downstairs.
「食事の用意ができたから階下へ降りましょう。」


8.abroad

※「外国へ」

The number of students who wish to study abroad is decreasing every year.
「海外留学を希望する学生は年々減少しています。」

Due to the recent recession, there has been an increase in the number of consultations with students seeking employment overseas.

「昨今の不況により、海外での就職を希望する学生からの相談が増えています。」


9.overseas

※「海外へ、外国へ」

※形容詞としても使われる

※oversea は副詞、形容詞

Manufacturing companies that had moved overseas are now returning to Japan due to the weakening yen.
「海外へ進出していた製造業が円安の影響を受けて国内にもどりつつある。」

In the 19th century, many Western powers expanded overseas to Africa and Southeast Asia in search of colonies.

「19世紀には多くの西洋列強が植民地を求めてアフリカ大陸や東南アジアといった海外へ進出した。」




今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
副詞

分かった気でいるかもしれないが、たぶん君は 【 already 】の本当の使い方を知らないと思う。完了形の表現でよく使われるこの副詞【 once, already, yet 】の正しい使い方をここで確認しておけ!整理したのでしっかり頭に叩き込め!

英語に再挑戦
once, already, yet の使い方。 現在完了の表現でお馴染みの誰でも知っている副詞ですが、意外と紛らわしい。 私も …
副詞

【倒置表現】は入試に必出だ!絶対に覚えろ!【 never, only, scarcely, hardly, rarely, no sooner, seldom, little, at no time, only 】 「否定の副詞の後は倒置する。」なぜひっくり返ってSVがVSになるんだ?「言いたいことを先に持ってくる」この「英語の大原則」がその理由だ!

英語に再挑戦
英語では普通、文は主語(S)+述語動詞(V)の順番で語が並びますが、時々これがV+Sとひっくり返ることがあります。 助動詞や動詞が主語 …
副詞

これは大学受験に出る「比較表現」の定番問題だ!だから必ず覚えろ! 比較級、最上級を強調する【much, far, even, still, a lot, by far 】「断然~だ。」という表現はこれだけ知ってればOKだ!

英語に再挑戦
比較級や最上級を強調する「ずっと~」「断然~」「ずば抜けて~」といった表現もよくTOEICや英検の問題に出されますので確認しておきたいところ …
前置詞

【 as 】がわからなければ長文は読めない!イコール「=」のイメージを頭に叩き込むんだ!【as】の意味ならこれだけ覚えれば大丈夫だ!しょっちゅう出てくるこの単語の訳し方は反射的に体で覚えろ!

英語に再挑戦
英語の文章を読んでいると本当によく出てきます。この”as"という単語。非常に短い言葉ですが、実は英語をクリアに理解する上で非常に大事なもので …