副詞

君は知っているか?【normally, rapidly, quietly, soon, slowly, up, abroad, down】 動詞を修飾する副詞はどこに置く? 特に形容詞由来の【 -ly 】のついた副詞には注意しろ!

動詞を修飾する時の副詞の位置についてそのルールを書いてみました。

副詞はSVOCといった『文の要素』にはなりません。その分、英文の中での副詞の位置は他の品詞と比べて自由です。

ただし、副詞が動詞を修飾する場合、普通は文頭、動詞の前、動詞の後ろ、文末のいずれかに置かれています。基本は文末ですが。

英文読解では多少位置が異なっていても読み取れますが、作文などの場合は少し注意したいところです。

今回は以下の3つの場合の基本的なルールを取り上げます。

以下、例文と合わせてご覧ください。


1.形容詞に ly をつけた副詞は基本的に動詞の後ろに置きます。目的語がある場合は動詞の前に。ただし、副詞を強調したい場合は目的語の後ろに置くこともあります。

The plum trees that my father planted in the garden grew normally.
「父が庭に植えた梅の木はすくすく育った。」

The area around Shin-Yokohama Station has been rapidly developed in the last 20 years.

「新横浜駅の周辺は最近の20年で急速に開発が進んだ。」

When I go to the bathroom in the middle of the night, I quietly close the door in case my wife wakes up.

「夜中にトイレに行くとき、妻の目が覚めるといけないので私は静かにドアを閉める。」

This road is bumpy, so just drive the truck slowly.
「この道はでこぼこだからとにかくトラックをゆっくり走らせろ。」


2.形容詞+ ly でない副詞の場合は基本的に動詞の後ろに置く。

※あくまで基本的にです。比較的自由です。

Today is Saturday, so Tomoko will be back soon from club activities.
「今日は土曜日だから朋子はもうすぐ部活から帰ってくるでしょう。」

As soon as he entered Ikedaya, Kondo ran up the stairs.

「池田屋に入るやいなや近藤は二階に駆け上がった。」

I’m planning to study abroad in Dusseldorf, Germany next year.

「来年はドイツのデュッセルドルフに留学するつもりなんだ。」


3.他動詞の目的語が代名詞 it, me, you, him, her, them で up, down の副詞を伴う場合は他動詞+代名詞+up or down の語順でなければならない。


※このルールはしっかり守りましょう。


He is very disappointed and can’t even speak. You have to cheer him up.
「彼はとても落胆していて口もきけない。あなたが元気づけてあげなさい。」

I know you are doing your best every day, so your grades have improved. Keep it up from now on.

「毎日頑張っているから成績が上がってきたぞ。その調子で頑張れ。」

I will never let you down. I will fulfill my duty.

「私は君たちを決して失望させない。私は私の責務を果たす。」

This curry has a little too much water. Let’s boil it down a little more.
「このカレーは水が少し多すぎます。 少し煮詰めましょう。」


今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
副詞

【倒置表現】は入試に必出だ!絶対に覚えろ!【 never, only, scarcely, hardly, rarely, no sooner, seldom, little, at no time, only 】 「否定の副詞の後は倒置する。」なぜひっくり返ってSVがVSになるんだ?「言いたいことを先に持ってくる」この「英語の大原則」がその理由だ!

英語に再挑戦
英語では普通、文は主語(S)+述語動詞(V)の順番で語が並びますが、時々これがV+Sとひっくり返ることがあります。 助動詞や動詞が主語 …
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
前置詞

【 as 】がわからなければ長文は読めない!イコール「=」のイメージを頭に叩き込むんだ!【as】の意味ならこれだけ覚えれば大丈夫だ!しょっちゅう出てくるこの単語の訳し方は反射的に体で覚えろ!

英語に再挑戦
英語の文章を読んでいると本当によく出てきます。この”as"という単語。非常に短い言葉ですが、実は英語をクリアに理解する上で非常に大事なもので …
副詞

注意しろ!これは名詞じゃないぞ!【 downtown, uptown, next door, indoors, outdoors, upstairs, downstairs, abroad, overseas 】つい名詞と思ってしまいがちな副詞だ!作文の時に注意しろ!前置詞は不要だ!

英語に再挑戦
英文を理解していく上で、ある単語がどの品詞であるかを判別することはとても大事なことです。 今回はそんな単語の中でもつい名詞だと勘違いし …
副詞

分かった気でいるかもしれないが、たぶん君は 【 already 】の本当の使い方を知らないと思う。完了形の表現でよく使われるこの副詞【 once, already, yet 】の正しい使い方をここで確認しておけ!整理したのでしっかり頭に叩き込め!

英語に再挑戦
once, already, yet の使い方。 現在完了の表現でお馴染みの誰でも知っている副詞ですが、意外と紛らわしい。 私も …
副詞

これは大学受験に出る「比較表現」の定番問題だ!だから必ず覚えろ! 比較級、最上級を強調する【much, far, even, still, a lot, by far 】「断然~だ。」という表現はこれだけ知ってればOKだ!

英語に再挑戦
比較級や最上級を強調する「ずっと~」「断然~」「ずば抜けて~」といった表現もよくTOEICや英検の問題に出されますので確認しておきたいところ …