使役動詞

【使役動詞の[get]】は第5文型SVOCを作るぞ!補語になるのはto不定詞、現在分詞そして過去分詞だけだ!

使役動詞(causative verb)で使われる動詞の補語について取り上げます。

今回は[get]を紹介します。

使役動詞で使われる時の[get]という動詞は「~させる、してもらう、~される」という意味で使われます。

語源的には「手に入れる、つかむ,取る」といった意味で、「所有する、自分の領域に引き込む」という感覚で理解すると分かり易い。


get+目的語+[to不定詞]は「~をする方向に、~することに向けて目的語(O)を自分の領域に引き込む、所有する」つまりゲットgetするという感じです。

他の使役動詞、have, make, let といった動詞は補語に原形不定詞をとるのに対してgetは原形不定詞をとらず、to不定詞をとるのが大きな違いです。

もちろん他のSVOC同様、OCに主語、述語の関係があるのは第5文型の全てに共通していることで、これがこの文型の判別のポイントです。


この使役動詞[get]を用いた時のSVOCの補語になるのはto不定詞、現在分詞、過去分詞の3つです。


例文を見てみましょう。



主語+get+目的語(人、もの)+to不定詞~

「目的語(人、もの)に~させる、してもらう」

You had better get your father to help you.
「おやじさんに助けてもらった方がいいぜ。」

He was not able to get her to accept his proposal.
「彼は彼女にプロポーズを受け入れてもらえなかった。」

※「~するように人をgetする」「説得して自分の領域に引き込む」という感覚です。


主語+get+目的語(人、もの)+現在分詞~

「目的語(人、もの)に~させる」

I’d like you to get this old engine going again.
「この古いエンジンをもう一度動かしてもらいたい。」

His encouragement get her studying hard.

「彼の励ましのおかげで彼女は一生懸命勉強するようになった。」

※現在分詞が持っている根本的な意味「~している最中」の状態になる(get)よう変化させる。つまり、「そのようにしている状態になることを開始させる」という意味です。



主語+get+目的語(もの)+過去分詞~
「目的語(もの)を~される、してもらう」

Your careless remark has gotten this business talk ruined.
「あなたの軽率な発言で、この商談は台無しです。」

I’ll go to the barber’s and get my hair cut.

「床屋に行って髪を切ってもらおう。」

※他動詞の過去分詞が持っている根本的な意味「受動」の状態になる(get)よう変化させる。つまり、「~される状態になるようにする」という意味です。基本的に目的語は人ではなく物です。


今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
品詞・句・節

これを知らずに英語の勉強を続けても無駄だ!【句と節、品詞、文の要素】この関係性を理解すれば英語の成績がどんどん伸びるのに多くの人がこれを適当にやり過ごして頭に叩き込んでいない。本当に残念なことだ!

英語に再挑戦
英語の成績が伸び悩んでいる人が意外と知らないこと。 受験勉強でも、資格試験でも、自己啓発でも英語学習を始めて一生懸命頑張っていたら成績 …
品詞・句・節

これを知ることが英語学習の一番の近道だ!【 名詞、代名詞、動詞、助動詞、形容詞、副詞、前置詞、接続詞、間投詞 8つの品詞と句、節 】自信がないならここでしっかり覚えろ!ハッキリ言ってこの役割が判らないと英語は理解できないぞ!

英語に再挑戦
英文法を学習する上で品詞について理解することはとても大事です。 英語における品詞の役割を理解していないと英語は理解できないといってもい …