5文型

間違えるなよ!この後に来るのは補語だぞ!まとめて頭に叩き込め!第2文型 SVC をつくる動詞-その4  feelタイプ  補語を伴う 【seem, look, appear, smell, sound, taste, feel】

今回は 「SVC 文型をつくる動詞-その4」として、「感じる」という感覚を表す「feel グループ」を取り上げます。

このグループの代表的な動詞を5つ取り上げました。

seem(~のように見える)
look(表情や様子が~のように見える)
appear(~のように見える、~らしい)
smell(~のにおいがする)
sound(~のように聞こえる、思われる)
taste(~の味がする)
feel(~と感じる、思える)

いずれもSVCの文型の自動詞として使われている用法ですから、前にある主語と後ろにある補語はイコールの関係になります。

それでは例文を見ていきましょう。

seem(~のように見える)

My wife seems young.
「私の妻は若く見える。」
※seemは婉曲的な表現で断言を避ける時に使われます。

look(表情や様子が~のように見える)

You look pale. Why don’t you go home early today?
「顔色が悪いよ。今日は早く帰ったら?」

appear(~のように見える、~らしい)

When I first met him, he appeared rich.
「初めて会ったとき、彼は金持ちに見えた。」

smell(~のにおいがする)

The handkerchief she offered me smelled sweet.
「彼女が僕に差し出したハンカチはいい香りがした。」
※smell は良い匂い、悪い臭いのどちらにも使われます。

sound(~のように聞こえる、思われる)

His story may sound strange to you, but it’s true.
「彼の話は奇妙に聞こえるかも知れないが、事実だ。」

Although the business plan sounded absurd, it was a huge success and our company’s performance rebounded significantly.
「その事業計画は馬鹿げていると思われたが、大成功を収め、当社の業績は大幅に回復した。」


taste(~の味がする)


This tea tastes better without sugar or milk.

「この紅茶には砂糖やミルクを入れない方がいい。」
※他動詞の taste は「〜を味わう、食べる」の意味。

feel(~と感じる、思える)

When I carried my old mother on my back, she felt light.
「年老いた母を背負ったとき、軽く感じた。」
※felt の後ろの補語が形容詞であることに注意。他動詞であれば後ろは名詞。「〜を感じた」の意味になる。

The vessel felt light for me.

「私にはその器が軽く感じられた。」

以上、いずれも S=C の関係になることがポイント。

また taste, smell は自動詞と他動詞では意味が異なり、それぞれ自動詞の場合は「~の味がする、においががする」の意味で、他動詞の場合は「~を食べる、においをかぐ」となる点に注意して下さい。



今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
品詞・句・節

これを知ることが英語学習の一番の近道だ!【 名詞、代名詞、動詞、助動詞、形容詞、副詞、前置詞、接続詞、間投詞 8つの品詞と句、節 】自信がないならここでしっかり覚えろ!ハッキリ言ってこの役割が判らないと英語は理解できないぞ!

英語に再挑戦
英文法を学習する上で品詞について理解することはとても大事です。 英語における品詞の役割を理解していないと英語は理解できないといってもい …