5文型

【第2文型 SVC をつくる動詞-その1 be動詞タイプ 補語を伴う sit, stand】

英語において文型の学習は非常に重要です。
しかし、
SV
SVC
SVO
SVOO
SVOC
といった5文型の種類を単に覚えることにはほとんど意味がありません。
自動詞、他動詞がどのようにそれぞれの文型で使われているのか?
あるいは文型そのものが持っている意味を理解することが一番重要です。

今回は文型を決定する重要動詞に注目します。

SVC 文型で使われるのは自動詞です。
この文型の持つ基本的な意味は「SはCだ。」S=Cです。

C(補語)になれるのは名詞、形容詞ですが、実際に形容詞だけでなく名詞も補語にできるのは be動詞, become, stay, remain, seem といった動詞ぐらいで非常に少なく、大部分の自動詞は形容詞か分詞を補語にしています。


私は以前、進行形(be動詞+現在分詞)や受動態(be動詞+過去分詞)をSVCの文型だと思っていましたが、文法的にはここで使われる現在分詞、過去分詞は動詞です。文の要素としてはVに分類されます。

動詞と形容詞の2つの役割があるので「分詞 participle」と呼ばれるわけです。

今回は 「SVC 文型をつくる動詞その1」として、「〜である」という状態を表す be動詞の「グループ」を取り上げます。


be動詞は第1文型SV、第2文型SVCで使われます。訳としては「〜にある。〜にいる。~である。」という表現が使われますが本来は「~の状態で存在している。」「存在する」というのが根本的な意味です。


SVC の文にあっては「SはCの状態で存在している。」ということです。

以下にこのグループの代表的な動詞を3つ取り上げました。

be動詞

sit(状態動詞)
stand(状態動詞)

それでは例文を見てみましょう。

be動詞


She is an idol singer.
「彼女はアイドル歌手である。」

He is arrogant.

「彼は傲慢である。」
※be動詞は名詞も形容詞も補語にできる。

sit(状態動詞)


She sat still by the window.
「彼女は窓辺にじっと座っていた。」
※補語には形容詞のみ。

stand(状態動詞)


Admiral Togo stood silent on the bridge.

「東郷提督は無言で艦橋に立っていた。」


いずれも「~という状態で存在している」という意味です。



今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事