仮定法

仮定法表現 [ I wish ~ ] いつのことをいつ思っているかがポイントです。


今回は仮定法表現の[ I wish ~ ] についてです。


[ I wish ~ ] は非現実の仮定を述べて、「~ならいいのにと思う」
「~だったらよかったのになあと思う」といった願望、後悔、非難の気持ちを表現します。


注意すべきはその時制です。

以下の4つのパターンに注意して読めばOKです。
1.I wish + 仮定法過去「~ならいいのにと思う」
(今の気持ち、今の仮定)

2.I wish + 仮定法過去完了「~だったらよかったのになあと思う」(今の気持ち、過去の仮定)

3.I wished + 仮定法過去「~ならいいのにと思った」
(過去の気持ち、それと同じ時の仮定)

4.I wished + 仮定法過去完了「~だったらよかったのになあと思った」
(過去の気持ち、その時より過去の仮定)


※仮定法の時制は直説法と違い、現在のことを過去形で、過去の事を過去完了形で表現するのがルールです。wish/wished の時制とは無関係です。

・いつの気持ち(wish)なのか?

・いつのことを仮定しているのか?

この2点を読み取ればOKです。

以下、例文をご覧下さい。

相手への軽い非難を表現:
I wish you knew more about computer.
「あなたがもっとコンピューターに詳しいといいのに。」

I wish you had known more about computer.

「あなたがもっとコンピューターに詳しかったらよかったのに。」

I wished you knew more about computer.

「あなたがもっとコンピューターに詳しいといいのにと思った。」

I wished you had known more about computer.

「あなたがもっとコンピューターに詳しかったらよかったのになあと思った。」


後悔を表現:
I wish I could tell him how much I appreciate him.

「彼に感謝の気持ちを伝えられればなあ。」

I wish I could have told him how much I appreciate him.

「彼に感謝の気持ちを伝えられたらよかったなあ。」

I wished I could tell him how much I appreciate him.

「彼に感謝の気持ちを伝えられればなあ。と思った。」

I wished I could have told him how much I appreciate him.

「彼に感謝の気持ちを伝えられたらよかったなあ。と思った。」



今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

キク英文法 聞いて覚えるコーパス英文法 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ) [ 一杉武史 ]

関連記事