5文型

【spare】という他動詞には2つの意味があるぞ!「与える」と「省く」SVOO をつくる動詞だが、意味によって使い勝手が全然違うぞ!

spare という他動詞は後ろに目的語を2つ従える 第4文型 SVOO を作る代表的な動詞ですが、以下のような意味の違いでその使い勝手が異なります。

1、時間、お金などをさく、与える

2、苦労、手間をかけない、省く


それぞれの使われ方

1、時間、お金などをさく、与える

この意味で使われている場合は OO(人+モノ)の位置を前後逆にして(モノ+for+人)つまり「目的語+副詞句」の第3文型 SVO に転換することが可能です。
「for タイプ」の授与動詞であると言えます。
この場合の spare は対象になる人(目的語)への方向の意味を含んでいますから、前置詞 for と相性がいいわけです。


2、苦労、手間をかけない、省く


spare がこの意味で使われている場合は前置詞 for を用いた 第3文型 SVO に転換することができません。

この場合の他動詞 spare は対象になる人(目的語)への到達、方向の意味を含んでいませんから、[to, for]といった前置詞と馴染みません。
「利益、恩恵」を人に与えていないので「授与動詞」とは言えないのです。

例文を見てみましょう。


1、時間、お金などをさく、与える

Could you spare this year’s budget for roof repairs?
「屋根の修理のために、今年の予算を割いてもらえないでしょうか。」

Please drop in on our laboratory when you can spare us a time in Sendai.

「仙台でお時間が取れる時には、ぜひ私たちの研究室にお立ち寄りください。」

Could you spare an hour for me?

「私のために1時間だけ時間を割いていただけませんか?」

I would like you to spare one of those roses for me?
「そのバラの花を1本、私のに分けてほしいのですが?」


2、苦労、手間をかけない、省く

This machine spares us much trouble peeling onions.
「この機械のおかげで玉ねぎの皮をむく手間が省けます。」

His advice spared me from being embarrassed in public.

「彼のアドバイスで、人前で恥をかかずに済みました。」



今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
品詞・句・節

これを知らずに英語の勉強を続けても無駄だ!【句と節、品詞、文の要素】この関係性を理解すれば英語の成績がどんどん伸びるのに多くの人がこれを適当にやり過ごして頭に叩き込んでいない。本当に残念なことだ!

英語に再挑戦
英語の成績が伸び悩んでいる人が意外と知らないこと。 受験勉強でも、資格試験でも、自己啓発でも英語学習を始めて一生懸命頑張っていたら成績 …
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
動詞

これも入試によく出るから注意しろ!【 explain, suggest, express, propose 】この動詞は英作文で注意! 人を目的語にとらない動詞だ!第4文型SVOOにはならない!基本的にSVOの文を作るんだ! 日本語訳に惑わされるな!

英語に再挑戦
日本語訳だけ見ると「誰々に~する」という文になるのでつい「SV+人+事」あるいは「SV+事+人」にしてしまいがちな以下の動詞。 これら …
文型と動詞

これを知らないで英語を勉強しても無駄だ!【自動詞と他動詞】これを判別しながら英文を読むクセを付けなければ君の英語学習は徒労に終わるぞ!それほど大事なことだからしっかり読んでおけ!

英語に再挑戦
英文中で使われている動詞が他動詞なのか自動詞なのか? この何でも無さそうなことが英語の構文や語の繋がり、関係性を理解する上で非常に重要 …