助動詞

【 Shall I~,  Shall we~ 】これ以外で見たことある?助動詞の【 shall 】をあまり見かけない理由。

助動詞shallの過去形shouldは普通によく英文に登場しますが、
なぜshallはあまり見かけないのでしょうか?


相手の意向を問うShall I~,  Shall we~

Shall I bring a glass of water?
「水を一杯お持ちしましょうか?」

Shall we dance?
「一緒に踊りませんか?」

Shall we give you a hand?
「私たちがお手伝いしましょうか?」

このような英語を中学校で習いました。
この”Shall I~?”  “Shall we~?”の表現は少し古いようで最近は
“Do you want me to V~?”や
“Would you like me to V~?”
の表現を使うことの方が多いようです。


また

Let’s play tennis this afternoon, shall we?
「午後、テニスをしませんか?」

Let’s discuss his proposal, shall we?
「彼の提案について話し合いませんか?」

このような Let’s と shall we? を組み合わせた付加疑問文も中学校の英語で出てきました。
ただ、この表現も今ではかなり古いようで、最近は ”shall we?” はほとんど最後に付けられないようです。

しかしshallはこれ以外の表現や普通の英文にほとんど登場してこない印象です。どうしてでしょうか。

実はこの Shall 聖書や契約書、規則、法律、預言などの文によく登場します。そして普通の表現で使われる場合は非常に強い気持ちを被せる表現なので、通常の表現ではあまり使われることがないようです。


I shall keep my promise!

「約束は絶対守る!」

I shall never forget you!
「あなたのことが忘れられようか?」

Who shall foresee the accident?
「誰がその事故を予見出来ただろうか?」

結構強いですよね。


また、契約書などで

All decisions shall be made under both parties’ agreement.
「全ての決定は双方の合意に基づいてなされる。」


聖書の

“You shall love your neighbor.”
「汝の隣人を愛せよ。」

など、かなり固い印象です。

また、太平洋戦争の時、フィリピンで日本軍に敗れたマッカーサー将軍が撤退先のオーストラリアで言った有名なセリフ ” I shall return. ” も “I will return.” や “I should return.”ではなく、神の意志や歴史的必然といった強い意志を込めてそのような大仰な表現を使ったのでしょう。

もっともこの表現、その後、米軍の間でマッカーサーを揶揄する表現として皮肉を込めて使われたようです。「トイレに行ってくる。but I shall return.」といった具合に。

 

今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
助動詞

入試に頻出だが、これは意外と知らないぞ!【 cannot help ~ing, cannot help ~enough, cannot ~ too …, may(might) well ~, may(might) as well ~, may(might) as well ~ as …, only have to (have only to) 】このような【can, may, have to 】 を使った慣用表現をなめてはいけない!よく整理して、しっかり覚えないと痛い目にあうぞ!

英語に再挑戦
助動詞の can, may, have to を使った慣用表現は実際英文に登場する頻度は多くない印象ですが、微妙な心理を表現する少しレベルの …
助動詞

注意しろ!みんな勘違いしているぞ!【 You had better 】は決して「~したほうがいい」というお薦めの意味じゃないぞ!相手に喧嘩を売っている、警告している強圧的な表現だ!助動詞【 had better 】は使い方に気を付けろ!

英語に再挑戦
had better は助動詞の項目で習い、英文にもよく出てくる言葉ですが、多くの人が「~したほうがいいよ」「~するのがオススメ」といった推 …
助動詞

入試に必ず出るから、しっかり覚えろ!【 used to と would 】「かつて~だった」の表現でも意味は全然違うぞ!これを理解するためのキーワードは「動作動詞」と「状態動詞」だ!しっかり理解して使い分けを頭に叩き込め!

英語に再挑戦
過去の習慣を表す would と used to については以前の記事でも紹介させていただきました。 今回は特に used to と  …
助動詞

どっちも「気持ち」を表すが【 can と may 】は似ているようで似ていない全く違う助動詞だ!実はほとんどの人が判っていないそのニュアンスの違いを頭に叩き込んで使い分けろ!キーワードは「客観性」と「主観性」だ!

英語に再挑戦
can と may は一般動詞に気持を被せる法助動詞の中でも気持の強さが同程度です。 大体50%ぐらい。可能性が半分半分といったところ …