動詞

この使い分けは入試に出るぞ!【 let, permit, allow, forgive, excuse, admit 】は「許す、認める、許可する」の意味だけど、許す対象がそれぞれ違うぞ!一体何を「許す」のか?その使い分けを頭に叩き込め!

今回はよく見かける馴染みの英単語。でもいざ使うとなると、「どれだっけ?」となる単語シリーズです。。

「許す、認める」動詞。基本的にどれも他動詞なので直後に来るのは名詞、代名詞です。

ただし、「何を許すのか?」その対象で使用する単語を使い分けます。

以下の6つを覚えておけば大丈夫でしょう。


1.let

2.permit

3.allow

4.forgive

5.excuse

6.admit


まずはお馴染みの

1.let 

・「どうぞ自由に~していいよ。」という許可です。

・相手がしたいことを止めないという動詞です。

・使役動詞の表現で使われます。
後ろに原形不定詞がくる点が他の単語と違うところです。

・let + 人 + do(動詞の原形)の形をとります。

・[ let it go ] ♬レリゴーや[ let it be ]でお馴染みの表現。


Let me take your blood pressure.

「血圧を測らせてもらいますね。」

I want to join the Kendo club but my mother won’t let me[join].
「剣道部に入りたいんだけど、母が許してくれないでしょう。」


2.permit

・相手のすることを「ええ、どうぞ」と積極的に許可します。

・permit + 人 + to do もしくは SVOO の形をとることが多い。

My parents permitted me to study abroad at the art college in Germany.
「私の両親は私がドイツの美術大学に留学することを許可してくれた。」
※「ぜひ、勉強してこい!」と後押ししているニュアンスです。

My father won’t permit me to go out late at night.
「父は私が夜遅く外出することを許してくれません。」


3.allow

・決して手放しで喜んでいるわけではない消極的な許可です。
「しょうがない、仕方ない、黙認する」といった感じです。

・allow + 人 + to do の形をとることが多い。

・allow は発音の問題でも頻出です。
「アロウ」ではありません「アラウ」と覚えしょう。


My boss allowed me to take a week’s vacation.

「私の上司は私が1週間の休暇をとることを認めてくれた。」
※しぶしぶ認めたというニュアンスです。

Hikers are not allowed to access Mt. Yakedake in Kamikochi.
「上高地では、ハイカーは焼岳に入山することを禁じられている。」


4.forgive

・倫理に反する行為、罪を「許す」ことです。

・forgive + 人 + for +事柄 の形をとることが多い。


The feudal lord forgave the ill-mannered Dutch who had cast ashore in his domain.

「その大名は領内に漂着したオランダ人の不作法を許した。」

I will never forgive you If anything happens to my daughter.

「うちの娘に何かあったらお前を許さないからな!」


5.excuse

・失敗や迷惑を「許す」ことです。

・excuse + 人 + for +事柄 の形をとります。


Please excuse me for calling you up so early in the morning.

「こんな朝早くに電話して申し訳ありません。」

They can be excused for being late. They got on the wrong train.
「彼らが遅刻したのは大目に見よう。乗る電車を間違えたんだから。」


6.admit

・入学や入場といった「入る」ことを「認める」ことです。

・admit + 人 + to [into] ~ の形をとります。


Twenty-five students were admitted to the department.

「その学科には25人が入学を許可された。」

I’m afraid, this ticket admits only one person to this attraction.
「恐れ入りますが、このチケットでは1名様しか当アトラクションにお入りになれません。」



今回は以上です。

ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
仮定法

君は知っていたか?【 suggest, insist 】は 「提案する」「要求する」の意味だけ覚えていてもダメなんだ!もう一つの意味「ほのめかす」「言い張る」も必ず覚えろ!「仮定法」と「直説法」で意味が使い分けられている動詞なんだ!

英語に再挑戦
suggest, insist については以前の記事でも取り上げましたが、今回はこの二つの動詞のもう一つの意味「暗示する、示唆する、ほのめか …
前置詞

試験に出るから確実に覚えておけ!【 answer, marry, resemble, attend, approach, reach, discuss, consider 】間違えるなよ!直後には名詞が来るぞ!つい後ろに前置詞を置きたくなる代表的な他動詞8選だ!

英語に再挑戦
英文中に動詞が出てきた場合、それが「自動詞」なのか「他動詞」なのかを意識しましょう。 他動詞は後ろに目的語がある動詞、自動詞は目的語が …
動詞

これを正解出来なきゃ受験生失格!【 match, suit, fit, agree 】「~に合う、似合う」の動詞。一体何が何に対して合っているのかハッキリ言えるか? その使い分けを頭に叩き込むんだ!

英語に再挑戦
「ピッタリ」「ちょうどいい」「似合う」「~に合う」の表現はいろいろですが、合うもの同士のその対象によって使われる動詞も変わってきます。  …
動詞

これを知らなきゃ受験生失格だ!【 borrow, lend, use, rent, loan 】「借りる、貸す」を表す動詞は具体的に何をどう貸し借りするのか知っているか!使い分けを整理して頭に叩き込め!

英語に再挑戦
「借りる、貸す」を表現する単語は基本的に他動詞ですから、後ろには直接、名詞あるいは名詞句を持ってくればよろしいので読解では苦労しない簡単な単 …
前置詞

これは試験に絶対出るぞ!【 marry, discuss, mention, enter, reach, resemble, answer, contact, attend 】これがつい後ろに前置詞をつけたくなってしまう代表的な他動詞11選だ!本当によく間違えるからしっかり覚えておけ!入試でこれを間違えたら本当に痛いぞ!他動詞の直後に前置詞は来ないんだよ!

英語に再挑戦
今回は、「日本語訳だけ見ると、後ろに前置詞+名詞の形が来てしまいそうな動詞」について。 以下の動詞は基本的に他動詞なので、直後には名詞 …
動詞

これも入試によく出るから注意しろ!【 explain, suggest, express, propose 】この動詞は英作文で注意! 人を目的語にとらない動詞だ!第4文型SVOOにはならない!基本的にSVOの文を作るんだ! 日本語訳に惑わされるな!

英語に再挑戦
日本語訳だけ見ると「誰々に~する」という文になるのでつい「SV+人+事」あるいは「SV+事+人」にしてしまいがちな以下の動詞。 これら …
前置詞

入試に必ず出てくるぞ!【 apply, attend, impatient, known, engage, true, care, correspond, oneself, inquire】 前後の前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!これは知識と運用力を問われるぞ!しっかり読んで頭に叩き込むんだ!

英語に再挑戦
今回は前回に引き続き、「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語」の2回目 …