分詞

絶対覚えておくべき『分詞』の慣用表現がこれだ!【according, concerning, including, regarding, providing, provided, supposing, supposed, granting, granted, seeing 】 よく見かけるこの表現はしっかり叩き込め!

今回は分詞から派生している接続詞と前置詞について取り上げます。

以下の分詞に関しては「分詞構文から派生している前置詞、接続詞である。」と割り切って考えると分かり易いと思います。

分詞構文由来ですから、いずれも副詞のカタマリをつくります。

どれもよく見かける慣用表現ですからぜひこの機会に覚えておきたいところです。

以下、例文と合わせてご覧下さい。


まずは前置詞と考えるべきもの。後ろには名詞がきます。


1.according to~「~によると」

According to his demeanor, he must have grown up in Japan.
「彼の立ち居振る舞いを見ると、彼は日本で育ったのだろう。」

According to  what’s going on now, we may have to change our measures in the future.
「今の状況を考えれば今後、対策の変更もあり得る。」


2.concerning~「~について言えば」


※[When it comes to~]に置き換えることもできます。


Concerning the territorial issue, the government’s attitude so far has been too weak-kneed.

「領土問題に関して言えばこれまでの政府の態度は弱腰すぎた。」

Concerning knowledge of the Warring States period, even Japanese experts are no match for Mr. Meyer in the US.
「戦国時代に関する知識について言えば、日本の専門家でさえも米国のマイヤー氏に敵わないだろう。」


3.including~「~を含めて」

Could you provide us with an estimated price including sales tax?
「消費税を含んだ見積もり価格を提示してもらえますか?」

Japan’s territory, including exclusive economic zones, is the sixth largest in the world.

「排他的経済水域を含めた日本の領域は世界で6番目の広さである。」

4.regarding~「~について」

※aboutに置き換えることができます。


Japanese woodblock prints are always cited in theories regarding Impressionist painting techniques.
「印象派の絵画技法に関する理論には必ず日本の木版画が引き合いに出される。」

Regarding the operational planning capabilities of the Imperial Japanese Navy at the time, I would have to express a bitter impression.

「当時の日本海軍の作戦立案能力に関しては苦言を呈せざるを得ないだろう。」


接続詞と考えるべきもの。後ろにはthat節が続くと考えます。

5.providing/provided(that)SV~「もし~なら」

※直説法でのみ使用できる。仮定法では使えない。


I can work overtime today provided you give me a day off this Saturday.

「今度の土曜日、休んでいいなら残業してもいいですよ。」

Provided Japan’s defense budget is doubled, neighboring countries would not keep silent.
「日本の防衛費が2倍になれば、周辺国も黙ってはいないだろう。」

6.supposing/supposed(that)SV~「もし~なら」

※直説法でも仮定法でも使えます。

Supposing his plan is adopted, its construction cost will be reduced by 25%.
「彼の作ったプランが採用されるなら、その建設コストは25%削減されるだろう。」(直説法)

Supposed you were in my shoes, what would you say to them?
「君が僕の立場だったら、彼らにどんな言葉をかけてやる?」(仮定法)


7.granting/granted(that)SV~「たとえ~であっても」


Granting how much you are overwhelmed by reality, move forward.

「どんなに現実に打ちのめされようとも前を向いて進め。」

Granted that method is more effective, I think it is ethically wrong.
「その方法がより有効だとしても、それは倫理的に間違っていると思う。」


8.seeing(that)SV~「~であるからには」


Seeing that they have moved their troops to the border area, I believe they have invasive intentions.
「彼らが部隊を国境地域に移動させたことから、私は彼らが侵略的な意図を持っていると考えています。」

Seeing the way he’s been studying so hard lately, I have no doubt that he’s serious about going to medical school.
「最近の彼の猛勉強ぶりを見ると、彼が本気で医学部を目指しているのは間違いない。」



今回は以上です。
ご精読いただきありがとうございました。

関連記事
前置詞

何となくわかった気になるな!この因果関係を明確にしろ!【because of, on account of, thanks to, due to, owing to, from, of, over, through, with】「~のために」「~のせいで」といった原因や理由の表現、前置詞のニュアンスはこう理解しろ!

英語に再挑戦
「~の原因、理由で」「~のために」「~のせいで」を表す句、前置詞についてまとめてみました。 それぞれの後ろには基本的に名詞がきますので …
否定表現

入試に出るからしっかり確認しておけ!これが not や no がない否定表現の代表だ!【 the last, anything but, far from, fail to, be yet to, remain to, free from, let alone, the last, in vain, beyond, only to fail, know better than to, be above doing, more than 】これだけ覚えればもう完璧だぞ!

英語に再挑戦
今回は”not”や”no”といった否定語が無く、一見肯定文のようで実は否定を意味する表現の代表的なものを集めてみました。 以下の1 …
前置詞

入試に必ず出てくるぞ!【 apply, attend, impatient, known, engage, true, care, correspond, oneself, inquire】 前後の前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!これは知識と運用力を問われるぞ!しっかり読んで頭に叩き込むんだ!

英語に再挑戦
今回は前回に引き続き、「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な熟語」の2回目 …
前置詞

これは入試で頻出だからしっかり覚えろ!【 day, dwell, way, look, result, make, succeed, wait, stand, drop 】 前後に置かれた前置詞が意味を変えてしまう紛らわしい単語の代表がこれだ!高得点を取りたかったらこれを完璧に覚えろ!

英語に再挑戦
今回はこれまで連続してお話ししてきた「一見似たように見える熟語でも形容詞や動詞とセットになる前置詞によって全然違う意味になってしまう代表的な …
単語・イディオム

これは入試に頻出だ!【 needless to say, to say nothing of, not to speak of, let alone, not to mention, It goes without saying 】「~は言うまでもない」という表現はこれだけを頭に叩き込め!

英語に再挑戦
英語の勉強というのは決して暗記科目ではないと思っていますが、ところどころに実際そのまま暗記してしまった方がよろしい単元もあります。 今回は …